高校生がほくろ除去のレーザー治療受けてみた:当日

2020年12月26日

ほくろ除去のレーザー治療を受けに行きました。きっかけから予約までは前回の記事に書きました。

前回の記事

スポンサードサーチ

手術前

手術前。写真だと見づらいですが、画像の左下に1つ、唇左直下に1つ、右下に1つほくろがあります。この3つのほくろを除去したいと思いました。

手術前

手術を受けに行った!

カウンセリング

予約の10分ちょい前に「大宮中央クリニック」に到着しました。クリニックに入ると、仕切られたスペースがありまして、そこに誘導されます。椅子があります。
ほかの患者はいますけど、ちょいと見えるぐらいで、がっつり同じ空間で待機するとかはありません。

フルネームを聞かれて答える。

ちょい待たされて、わたしは高校生ですから、保護者の署名入り同意書を要求されるので渡す。

同意書の確認すると個室に入れられます。

施術の希望を聞かれる。自分の場合はほくろ除去と伝えた。問診票を渡されます。

問診票を書き終えたら、レストランにあるような呼び出しボタン的なやつでカウンセラーを呼ぶ。

少し待たされます。ちゃんとボタンを押せたか不安になります。

カウンセラーが来ます。

説明を受ける

説明を受けて、写真を見せられて、ほくろの大きさを確認させられる。よくあるプラスチック定規と変な棒で測られます。施術の説明、リスク等の話もされたと思います。

電気分解法とYagレーザーの両方を使うそうです。もしかして高い、、、?

明細を用意するために少し待たされる。

明細と同意書を持ってくる。5万4000円ほどでした。心の中では5万円切って欲しいと思っていたので迷いましたが、結局施術を受けることに。両方の施術の組み合わせでしたが、ホームページ記載のエルビウムヤグレーザーの料金の方が優先されました。安い(錯乱)。

保証の旨を知らされる。3ヶ月ぐらいの期間内なら再施術してくれる保証です。
クレジットカードを渡すと、少し待たされます。

決済を終えて帰ってきます。同意書のコピー渡される。

施術の準備

そして、部位のマーキングされます、写真のように。

施術直前

ここまでくると流石に緊張してきます。あぁもう少しで手術が始まるんだなぁと。
医者まつ。

まぁ待たされる。

10分ちょい待たされて、院長の洪鍾秀先生が来ます。
軽く説明して帰る。早っ。感じは良さそう。

また少し待たされる、看護師が個室に迎えに来るとのこと。

施術へ

呼ばれて施術室へ行きます。

ベットに仰向けに寝かされて、医者を待ちます。ガーゼみたいので目を覆われます。

医者が来ます。

軽い雑談をしつつ、なにか準備(目の上にガーゼを乗せられてるので何してるか不明)。雑談をした感じでは医者にありがちな高圧的な態度は全くなく穏やかな感じでした。

局所麻酔の注射を打たれます。痛み緩和のためにバイブ(?)(写真の感じのやつ)をされるのですが、それなりに痛いです。まぁどうにかなる痛さですが。

「局所麻酔 バイブレーダー 痛み」の画像検索結果
多分こういう振動する装置。http://web.archive.org/web/20180819051410/http://www.biyouhifuka.com/etc/masui.html

麻酔注入が終わるとすぐに施術に入ります。こんな短時間で麻酔が効くのか?と思いましたが、わたしは効いていました。

施術は少なくとも2種の機材で焼かれます。エルビウムヤグレーザーと電気分解法だったと思います。いずれも少しチクッとする痛さです。麻酔が回っているのでそこまで痛くはない。あっという間に終わります。

終わると、鏡を見せられて、出来栄え(?)を確認されます。「ニキビの潰れた時みたいな感じ」と医者が説明していました。

その後、鏡は回収されて、変なシール?を患部に貼られて終了です。
麻酔はいつごろ切れるか?と聞いたときにはもう医者は姿を消していました。看護師さんが答えてくれました。

施術後

その後個室に戻らされます。

戻ると薬の説明をされる。いつ塗りなさいだとか。軟膏と消毒液とテープで3000円は流石に面食らいました。

終わったら、帰らされる。緊張したこともあって、放心状態でエレベーターに乗り込みました。

術直後

術直後

術後、2時間後にバイトの面接がありました。口元が麻酔がんがん効いていて、口動かしづらいし違和感多し。これは参りました。うぅ。

1時間ほどゲーセンで音ゲーをして、面接会場にゆっくり向かったぐらいでだいたい切れ始めました。病院をでて1時間半ぐらい。

面接や適性試験を受けてる際は、麻酔は切れていましたが、別に痛くはありませんでした。

帰宅後

帰宅後、血だらけの写真

帰宅後。鏡を見ると写真のようになっていました。移動中にで出血したのでしょうか。

ちょっとはがすのはこわいですが、患部に貼られているシールをはがします。

以前、ある病気で病院で手術を受けた際に、患部の血の塊をシャワーで圧力で押し流したのを思い出して、同様にそうしました。

入浴後

浴室から出て、軟膏を塗る。貼る。

これで3000円ですよ!!高くないスカ!!!

スポンサードサーチ

総評

カウンセラーや医者の感じはよかった。院長の洪鍾秀先生は非常に感じの良いお方でした。

が、医者と話す時間は短い。湘南美容外科に行った時はカウンセラーとはそこまで喋った記憶がありません。医者とよく話せた記憶があります。

ここのクリニックでは、カウンセラーを中心に方針が決まって、医者とあまり会話できませんでした。

ほくろ除去はデザインというものはないですが、これが二重形成や眼瞼下垂修正術だとかならば、医者との意思疎通は重要になると思います。デザインが共有されないとまずいので。そのような時にもカウンセラーとほとんどを決めるのならばそれはどうなのかなぁ、、と

施術自体にはとても満足です。他のクリニックのサイトを見るに、こちらのほうが施術がしっかりしてそうにあります。てきぱき進んで、そこまで痛くはありませんでした。実際、鏡で経過を見るに、順調に傷が癒えてきています。

全体としては満足です。

経過はこのブログで公開していきます。

ランキング協力お願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ