模型を見てきた 輪郭形成 #5

2020年3月19日

スポンサードサーチ

はじめに

前回、メディカルスキャニングに行ってまいりました。

CTスキャンのデータが病院に届き、模型が作成されたのでそれを確認とカウンセリングを行います。

注意

この記事は、万人に通用しないかもしれません。顔は人それぞれです。この記事を読んだ結果の不利益をわたしは弁償しないので、自己責任でしかるべきひとに相談しながら読んでください。

スポンサードサーチ

流れ

~病院訪問

メディカルスキャニングから、3から5日でくさのたろうクリニックに届きます。

メールでスキャンの結果の到着を問い合わせたところ、模型作成の確認されたので、お願いしました。 模型作成は7万ぐらいで、2週間程度かかるとのことでした。

10日ほどして、模型が届いた旨がメールで送られてきました。

結局は4万5千円ぐらいです。

病院訪問

予約の20分前に病院に入りました。

少ししてから来た患者さんが同じ時刻に予約がいれられているのを耳にしたので、ダブルブッキングになってしまっているのでは…と。

カウンセリングは予約した時間ぴったりにはじまりました。

カウンセリング

自分の状態の一番の問題は、あごの肉が厚いことです。あごの骨を削っても、たるんでしまうかもと。たるんだ場合は脂肪吸引(そんなに取れないけど)か皮膚の切除(たてに傷が残る)しかなさそう、とのこと。

エラ削りは相当消極的でした、前からはあまり変わらないと。咬筋切除は効果的とのことです。

先生はかなりナチュラル派なので、もっと押さなきゃなぁ。

顎切りは5mm以上の変化がないと意味がないとのことです。

37分後にカウンセリングが終わりました。同時刻に予約していた患者さんはそのぶん待ったということです。

模型

別に悪くない骨の形状だそうです。

線の溝はオトガイ神経で、それより下を削ったり切れます。

帰宅

模型代金を現金で払って(クレカが使えないので)帰宅します。

理想

カウンセリングのときは、あごを短くするとEラインが崩れると言われたのですが、多少短くしてもいいのかなと。全体的に削ってもらって、その上Vにしてほしいです。

エラは、韓国で整形した人みたいな感じがいいかな。

たるんだとしても、あとあとどうにかできそうだし(楽観主義)

スポンサードサーチ

費用

整形モニターと入院麻酔費で120万円程度。

今後の予定

日取りぎめ

4ヶ月半後の日曜日が手術日になりました。

昭和大学病院との兼ね合いで手術日はそんなに得ぶことができない感じのようです。

入金

モニターの場合、手術代金の半分を振り込みます。昭和大学病院分は昭和大学病院に直接支払うので、それを抜いて半分です。振り込みに行かなきゃ。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

まとめ

もともと骨がそんなに大きいわけではないので、カウンセリングはなかなかいい感じにはいきません。

それでもとにかく削って切りたいので、進めちゃいますが…