「小鼻縮小+鼻尖形成を受けてきた #18 術後126日目 再診15回」 「咬筋切除 + あご先脂肪切除(輪郭形成) #23 術後200日目」

2020年10月24日

スポンサードサーチ

過去の記事

くさのたろうクリニックで受けた手術のブログ記事一覧。

小鼻縮小+鼻尖形成の再診15回 + 咬筋切除 + あご先脂肪切除(輪郭形成)の6ヶ月目のモニター撮影

お久しぶりです、@CriticalSinkerです。

本日23日、くさのたろうクリニックに再診に行ってきたので、ブログを書こうと思います。

~診察室に入るまで

予約の30分前につき、椅子に座って待つことに。

予約時刻から3分過ぎぐらいに、草野先生が診察室のドアを開けて「こんにちは~」と私に言ってきました。今まで、アイコンタクトのみで入室を促されていたので、かなり驚きました。草野先生曰く、ほかに患者さんがいなかったからとのこと(なお、私が診察を終えて見積もりの発行待ちで待合室で待っていた際、別の患者に対して「こんにちは」と呼んでいた)。

6ヶ月目のモニター撮影

特段変わったことはなく、終わりました。マリオネット感が減ったね、と。Instagramに画像を載せるかは謎。

お話

「咬筋切除 + あご先脂肪切除」の経過についてはあまり話題にならず。

脂肪注入と脂肪吸引

  • 術後の再診は何日行けば良いですか -> 鼻とかとは違い、モニター撮影だけ行くことになる
  • 日常生活できるようになるにはどれくらいかかりますか(バイト) ->できれば1,2ヶ月は安静にしてほしいけども、デスクワークならいける。ただし、術後腫れるのでバレるかも知れないと。
  • 麻酔は局所麻酔とのこと。静脈麻酔だと麻酔科医の先生を呼ぶので、10万ぐらいかかるらしい。
  • お腹まわりの脂肪吸引は多くとも手でつまめるぐらいしかとれないとのこと

発汗したり代謝があがると脂肪の定着率が下がるので、それをしばらく避けて生活すればよいとのこと。

顎下のたるみを取りたいことを話したのですが、皮が弛んでいて脂肪はあまり多くないので脂肪吸引で解消されるかは微妙とのこと。脂肪吸引でダメージが加わることで拘縮で引き締まることを「少し」期待できる。あるいは、HIFUもアリなのではと。

鼻については結構話しました。

  • まだ鼻先は硬いが、ケナコルト注射は時期尚早とのこと
  • 鼻は油脂のせいで、にきびみたくなってしまう

今後の方針についても話し合いました。鼻はだいぶ良くなったから、もうしなくていいのではと言われました。

  • 鼻幅寄せは、十分鼻は小さいので必要ないと思う
  • ハンプ削りはできる。ハンプは軟骨と骨でできているが、鼻中隔延長のための自家組織としては、軟骨は大きくない。削った骨を使ってくれと私が聞いたら、それは鼻先に移植することはしない。かつて、頭蓋骨を素材にしていたこともあったが、いまはしないとのこと。ハンプの骨を移植するのは見たこともないし、あえてそんなことはしない、と。私は念押ししましたが、先生はやるなら他院でやってくれ、と。私は医者としての経験があるから、従うべきだ、と。
  • 鼻中隔軟骨を利用した鼻中隔延長は、採取できる軟骨が小さすぎることがあるので行わない
  • 以下のインスタグラムを見せて、できないと言われました(理由は言ってくれず)。
View this post on Instagram

長い鼻シリーズというわけでは特にないのですが、 さて、長い鼻を直し、さらにアップノーズにという方もいらっしゃいます。 ひとつ前のポストよりも「短く!」という観点ではさらに過激です。 隣の芝は青く見えるというのはこういうことなのかもしれません。 自分が持ってないものの方がよく見えるのでしょうか? こちらの方は確かに少し鼻は長めですので、少し短く調整した方がバランスはよくなりそうです。ところが持ってこられた資料はアップノーズというよりはもはやブタ鼻🐷! 三回お話しして、ほどほどにしましょということになりました。 最後のお話でも、ダウンタイム中はどんなにアップノーズでも耐えるので、絶対に後戻りしたくない!!!!という強い意志を😅 ご本人の意志をなるべくくみ、でも明らかにそれは上向きですよというものに関してはご説明していただき、今はご本人のご希望の形に落ち着くとよいなと思ってます。 私のポリシーはon-demand。 この鼻は○○先生にやってもらったでしょーと言われるような型にはまった自分流を作るのではなくて、できる限り患者様に寄り添って、患者様の理想をなるべく叶えたい考えております。 自分の主観は限りなく捨ててできる限り患者様と気持ちを共有する。そしてどういう変化をどの程度求めていらっしゃるのか、患者様毎に違うご希望を寄り添う。 そのようなわけで、多くの学会に参加しさまざまな知識を身につけて、どんなご要望にもお応えできるようになりたいということが私の目標です。 ちなみに、組織は切り落としてないので、長久手古戦場戻してほしいとなれば、固定している糸を切れば可能です。 あ、手術内容は #鼻尖形成(#耳介軟骨移植) #鷲鼻骨削り(サービス。だって鼻筋ラインがかっこよくならないんだもん😅) です。 人工物は使用してません。鼻中隔延長でもありません。 そして組織を切除してないので戻してくれということであれば戻せます。 なーんて書いていたら韓国につき、今日のタクシー運転手さんは超いいおじさんでした😊 #plasticsurgery #plasticsurgeon #rhinoplasty #scar #openrhinoplasty #tokyo #プロテーゼ #オープン法 #表参道 # 鼻 #鼻中隔延長 #整形 #nose #鼻尖形成 #鼻翼縮小 #鼻骨骨切り #asian #asianrhinoplasty #美容外科 #ダウンタイム #upturn #transformation #supratipbreak

A post shared by 上原恵理 Eri Uehara M.D. (@aesthetic_surgeon_dr.uehara) on

その他

眼瞼下垂の埋没法は、糸で筋肉(名称を忘れた)を縛る方法、切開と違って後戻りがあるのであくまでも「お試し」とのこと。

「目尻切開のはずが、目尻靭帯移動術が行われていた」[1][2][3][4][5]「らしい」(ありがちな話だが、秘密主義の整形界隈では情報が適切に共有されず不完全になっている)Twitterの炎上(?)の件について聞きました(参考にweb archiveのリンクを置いておきます)。先生は、把握していなかった模様で、この件については否定していました。ちゃんと手術の術式の説明はしているとのこと。また、結果が良ければ術式がどちらでもよいだろう、と。

私は入室から40分ほどで退出し、受付で見積もりを受け取って帰宅しました。次回のモニター撮影の予約はしませんでした、自分の予定がわからないので…

ちなみに、「削ったハンプを鼻先に移植した」人と話したことがあります。たしか韓国でやったらしい(クリニックは知らない)。触らせてもらいましたが、カチカチでした。

スポンサードサーチ

感想

  • 眼瞼下垂の埋没法はお試しと言う割には決して安くないと思われる
  • 顎下のたるみをどうしようか…
  • 脂肪吸引・注入はくさのたろうクリニックでやろうかと
  • 先生はどこをどうみて、鼻はもうやらなくていいと思ったのでしょうか…不信感を持ちました。参考までに現状の顔面をページ下の方で晒しておきます。
  • 鼻については別の病院でやろうか、くさのたろうクリニックでやろうか悩みます。まずは、別の病院にカウンセリングに行きます。
  • なぜ頑なにハンプを削ったときの骨を使うのを拒んだのでしょうか、理由がわからないので不審に思いました。

画像

どうせモニターで画像さらされるし、ブログでも晒しておこう(?) でも目隠しを消す勇気はない。
傷の様子

ランキング協力お願いします♪

にほんブログ村 美容ブログ 整形・プチ整形へ